電気関係の資格について

不景気な世の中で希望の仕事に就くことが難しくなっています。特に空白期間の長いニートを続けている方にしてみれば死活問題ではないでしょうか。しかし時間があるという事はそれだけ自分の道を見つける時間があるという事です。まずは資格を取得して就職し社会に慣れる事から始めてみましょう。

今、一番人材が必要とされているのが建設業です。アベノミクス三本柱とされた公共施設の充実によって建設業は今とても注目されている職種です。建設といってもとても幅広く高層ビルなどの大型の箱物や道路整備など仕事内容は多岐に渡っています。その中でも私がお勧めする仕事が電気工事です。電気や照明は人が生活する上で欠かす事の出来ない設備で近年ではそれに付随してLANや光などの通信設備も当たり前に必要となっています。電気工事や通信工事の従事者は資格所持者、もしくは見習いという専属の作業員が必要になります。もし現在仕事をしていない方や時間のある方は電気や通信に興味がある人は資格の取得を目指してみると良いでしょう。

電気工事士は一種、二種と分かれていますが二種については経験の有無に関わらず資格を取得する事が出来ます。勿論取得の為には試験がありますが難易度はそれほど高くありません。

通信工事は配線については資格は特に必要ありませんが光ケーブルの接続や電柱の昇降、高所作業車の取扱いについては講習を受ける必要があります。これらは就職先で案内をしてくれると思いますが本気で電気関係の仕事に就きたいのであれば高所作業車の講習を受け免許を取得してみると良いでしょう。高所作業車は車の教習所と同様に個人で取得する事が可能です。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

お勧めサイト

ページ上部へ戻る