転職するには面接対策は必須です。

2013.09.18

1件

af9960003871l

仕事に飽きたのがたぶんきっかけです。
警備の仕事は退屈です。
逆を言えば楽な仕事ですが、日中暑い中立っていなくてはいけませんし、冬場も同じです。

やることは棒を振るだけで特にそれ以外はありません。
「誰でも出来る仕事この先続けても仕方ないだろう」と思い転職を考えました。

何がしたいのかが分からなかったところが辛かったです。
給料だけで選べばたくさんありますが、今ひとつしっくりこなくて、何を基準に選べばいいのかを決めるのが一番大変でした。

「手に職をつけるのが良い」とハローワークの人に聞きましたから手に職をつけてみようと思い、その中でも「飲食」「製造」などを中心に探しました。

基準が決まれば後は履歴書送って、面接を受けるという流れ作業です。
面接は初めは失敗ばかりでした。
転職サイトの面接対策を受けて直しては会社の面接を受けて、また直してはまた受けての繰り返しで10社受けました。

ある時期から面接のコツみたいなのが分かり、スムーズに2次試験に行くことができ、その中から居酒屋を選びました。
警備をやっていた人が居酒屋をやるというのは奇妙でしたが、店長さんが私と同じ年で20代と若い人だったので「面白そうだな」と思ってそこに決めました。

面接対策は本当に助かりました。
まったく分からない人でも何となく分かるところまで理解できました。

若ければ転職も何とかなります。
しかし、目的を持つ必要があります。
何をしたいのかが分からずに面接を受けると一瞬で見抜かれます。

あと昇進できそうなところを選んでみるのも良いです。
今は年功序列は崩壊しつつあり、長く働いても給料が変わらない可能性もあります。
だからこそ実力で這い上がれるところ見つけてください。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

お勧めサイト

ページ上部へ戻る